幸せ

幸せになるための科学的方法

本記事では、幸福度を増加させる脳内物質の種類とその効用、脳内物質の増やし方について記載したいと思います。

幸せを構成するホルモンは3種類

幸せは、以下の3種類の脳内物質から構成されています。

  • セロトニン
  • オキシトシン
  • ドーパミン

以下、効用について順番に紹介していきます。

セロトニンの効用

セロトニンは、ストレスやイライラする感情を軽減させるなど、心のバランスを整える効果があります。また、睡眠物質である「メラトニン」の原料でもあるため、夜ぐっすり眠れるためにも必要な物質です。セロトニンが少ないと、ストレスが増加し、不眠やうつ病などの病気につながります。

オキシトシンの効用

オキシトシンは、以下の効果があるとされています。

  • 脳や心が癒され、ストレスが緩和される
  • 不安や恐怖が減少する
  • 信頼の気持ちが増す
  • 好奇心が増す
  • 学習意欲と記憶力が向上する
  • 感染症予防になる
  • 不安や恐怖を和らげる
  • 社交性の向上
  • 幸福感の向上

ドーパミンの効用

ドーパミンには、物事に対する意欲の向上仕事や勉強のための処理能力の向上(能率向上)に寄与します。ドーパミンが少ないと、やる気が起きない、記憶量や作業効率の低下、無関心・無感動の原因となります。

幸せホルモンの増やし方

幸せを構成する各ホルモンの増やし方を順番にみていきます。

セロトニンの増やし方

トリプトファンの摂取

セロトニンは、トリプトファンという物質から生成されます。トリプトファンは大豆や乳製品を主とした以下の食品から効率的に摂取できます。

  • 納豆
  • 豆腐
  • みそ
  • 牛乳
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • バナナ

日の光を浴びる

太陽の光を浴びることで、セロトニンが生成されます。毎日15分から30分大砲の光を浴びることが良いとされています。

運動をする

運動することでセロトニンの分泌が活発になるとされています。特にウォーキングやランニングなど、一定のリズムを刻みながら行う運動が効果的とされています。

腸内環境を整える

セロトニンの90%は腸内で生成されているため、腸内環境を整えることがセロトニンの増加につながります。腸内環境を整えるには、発酵食品や食物繊維の摂取、腹筋が効果的です。

オキシトシンの増やし方

オキシトシンは、人に対して優しい気持ちになると分泌されるとされています。以下の行為により、オキシトシンが増加することが確認されています。

  • 出産・子育て
  • 親しい人とのハグなどのボディタッチ(イヌやネコでもOK)
  • 人にやさしくする
  • 人に親切にする
  • プレゼントをする

ドーパミンの増やし方

小さな目標を達成する

ドーパミンは、小さな目標を達成することで分泌されるとされています。大きな目標や達成困難な目標は、達成する前に挫折する可能性が高いことから、ドーパミンの分泌には適さない様です。千里の道も一歩から、という言葉がありますが、小さな目標をこつこつと達成させ、ドーパミンを出しつつ、大きな目標を達成させるというのが良いという事でしょうか。なお多くの人がゲームに夢中になる理由は、ゲームはこの小さな達成感を与えるのが非常にうまく、ドーパミンが発生しやすいからとされています。ドラクエで例えると最初は小さな目標(スライムを倒しつつ次の町へ目指す、武器を買う)から徐々にレベルを上げて魔王(大きな目標)に挑み、大きな目標を達成するという成功体験ができるようになっています。

アミノ酸(チロシン)を摂取する・運動する

ドーパミンは、アミノ酸(チロシン)を摂取することでも増加するとされています。チロシンはチーズや納豆、鰹節などに含まれている様です。また運動でもドーパミンが分泌される様です。

まとめ

本記事では、幸せを構成する3つのホルモン(セロトニン、オキシトシン、ドーパミン)の効用とホルモンの増やし方を紹介してきました。以下がこのまとめとなります。

出来ることから習慣化していくことが大切と思います。

以上、本記事が参考となれば幸いです。

ABOUT ME
kumakumaru
一度しかない人生、どうしたらより良く生きる事ができるのかを模索し、有用な情報があれば発信していけたらと思います。