お金

老後資金は本当に2000万円必要なのか計算してみた

なんで老後資金として2000万円が必要なの?

老後資金2000万円は、以下の条件をもとに計算されています。

  1. 年金受給額(+他収入)が月18万円(夫+妻)程度もらえている。
  2. 夫婦2人の毎月の生活費が23.5万円である。
  3. 65歳で定年退職し、95歳まで(30年間)生きたとする。

老後30年間の毎月の不足金額(①年金等の収入18万円/月ー②生活費23.5万円/月)が5.5万円であることから、

5.5万円×12か月×30年=1980万円≒2000万円

として算出されています。

老後の平均的生活費 23.5万円の内訳

下の図表が夫婦2人の毎月の生活費23.5万円の内訳です。

(出典:総務省 2017年度家計調査)。

老後の平均的生活費の23.5万円の内訳は下表となります。

出典:総務省 2017年度家計調査

ここでの個人的な感想は、

  • 夫婦2人で食費6.5万円/月ってちょっと贅沢なのでは?
  • その他で毎月5.4万円もかかっている?(年間60万円以上)
  • 住居費1.4万円/月は、持ち家を想定している。

こうやって考えていくと、老後資金2000万円が必要というのはあくまで平均的なケースの生活をした時の場合なので、老後に必要な資金は節約すればもっと削減できると思います。そもそも2000万円も持っていない御高齢の方はたくさんいると思いますので。

自分はいくら老後資金を貯めたら良いのか

上記の生活費23.5万円は現時点で老後生活している人の平均額のため、それよりも生活費をおさえれば、必要な老後資金は減っていきます。

例えば、

  • 例)毎月20万円使用⇒不足額2.5万円×12か月×30年=900万
  • 例)毎月20万円使用⇒不足額2.5万円×12か月×30年=900万
  • 例)毎月18万円使用⇒不足額0万円となり、貯金無しで生活可能!

一方、年金の手取り額が夫婦で18万円/月もらえるのか、分かりません。

つまり、人によって必要な老後資金はことなる、ということになります。

そこで、生活費を節約した場合と、もらえる年金が削減した場合について、下記の通りシミュレーションしてみました。

この図表を見ると例えば、年金の受給額が平均受給額よりも10%少ないとしても、毎月20万円で節約生活をしていれば、老後に必要な貯金額は1300万円で良い、ということになります。

さらに、上記は95歳まで生きたことを想定した場合の貯金額なので、90歳までに必要な老後資金であれば、1100万円、85歳までなら900万円となります。

以上、簡単なシミュレーションですが、将来のための貯金計画の参考となれば幸いです。

※個人的には、年金制度が成り立たなくなると国が崩壊するので、極端に削減されることはないんじゃないかと思います。

ABOUT ME
kumakumaru
一度しかない人生、どうしたらより良く生きる事ができるのかを模索し、有用な情報があれば発信していけたらと思います。