温泉

国民保養温泉地のすすめ

国民保養温泉地という言葉をご存じでしょうか。

国民保養温泉地とは、環境省が指定する、多様な泉質を誇り湯治・温泉療養に適している温泉地のことです。日本には約3,000以上の温泉地が存在しますが、国民保養温泉地には97カ所が環境大臣により指定されています。

国民保養温泉地の条件

国民保養温泉地の条件は、以下の通りです。

  1. 利用源泉が療養泉であること。
  2. 利用する温泉の湧出量が豊富であること。なお、湧出量の目安は温泉利用者1人あたり0.5リットル/分以上であること。自然環境、まちなみ、歴史、風土、文化等の観点から保養地として適していること。
  3. 医学的立場から適正な温泉利用や健康管理について指導が可能な医師の配置計画又は同医師との連携のもと入浴方法等の指導ができる人材の配置計画若しくは育成方針等が確立していること。
  4. 温泉資源の保護、温泉の衛生管理、温泉の公共的利用の増進並びに高齢者及び障害者等への配慮に関する取組を適切に行うこととしていること。
  5. 災害防止に関する取組が充実していること。

つまり、国民保養温泉地は、泉質、湯量、周辺環境などの側面から選ばれた、日本屈指の温泉地です

国民保養温泉地の場所

国民保養温泉地の位置を以下に載せました。

図- 国民保養温泉地 全国マップ

表-国民保養温泉地リスト

今後、実際に行ったことのある国民保養温泉地についてブログに纏めていこうと思います。

ABOUT ME
kumakumaru
一度しかない人生、どうしたらより良く生きる事ができるのかを模索し、有用な情報があれば発信していけたらと思います。